pediatric-correction子ども歯並びが気になる
~小児矯正~

  • HOME
  • 子ども歯並びが気になる~小児矯正~

お子様の歯並びを改善するための小児矯正pediatric-correction

出っ歯や受け口、すきっ歯など、お子様の歯並びが気になる方はいらっしゃいませんか? 「子どもの歯を矯正したいものの、どんな方法で治療すればいいのかわからない」という親御さんもいらっしゃることでしょう。

高砂市荒井町の歯医者「のせ歯科」では、お子さまの歯並びを改善する矯正治療を行っています。お子様の将来のためにも、お子様一人ひとりのお口をじっくりと見て適切な矯正治療を検討し、処置しています。

子どものうちから「矯正」をする理由とは?

子どものうちから「矯正」をする理由とは?

矯正治療は、子どものうちからでも大人になってからでも可能な治療です。大人になってから行う矯正治療は、自分の意志で開始することもあって治療計画が立てやすいメリットがありますが、子どもの矯正治療には別のメリットがあります。

子どもの顎の骨は、成長を続けている状態です。そのため、矯正治療を行う際にも顎の成長を利用しながら自然に歯並びを整えることができるのです。さらに、顎の成長が完了してから矯正しようとするとスペース確保のため抜歯の必要性が出る可能性があるのに対し、子どもの矯正では抜歯するケースを少なくできます。

子どもの歯並びが悪くなる原因とは?

子どもの歯並びが悪くなる原因とは?

指しゃぶり 指をしゃぶってしまう場合、指を吸う力によって少しずつ歯が移動してしまい、出っ歯になってしまう可能性があります。
ほおづえ ほおづえによって顎に力をかけることで、顎のバランスが悪くなったり顎がゆがんで歯並びにも影響が出たりといった悪影響があります。
口呼吸 口呼吸を続けているとお口の中が乾燥しやすくなり、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。また、口呼吸に合わせた歯並びになってしまいます。
歯を舌で押す 歯を舌で押してしまうくせがあると、歯が少しずつ移動してしまい出っ歯や受け口などといった問題が起こってしまうことがあります。
悪い姿勢 悪い姿勢のままで生活していると、体のバランスを保つために少しずつ歪みが出て、歯並びにまで悪影響が出ることがあります。
片側ばかりで噛む 食事の際に片側ばかり使って食べていると、顎のバランスが崩れて嚙み合わせにまで悪影響が出てきてしまいます。
爪を噛む 爪を噛むくせがある子どもの場合、硬いものを常に噛んでいるため歯並びがガタガタになってしまったり、歯が出てきてしまったりします。
唇を噛む 下唇を噛んでしまうくせがあると、前歯が前に出てきて出っ歯になってしまったり、下の歯が圧迫されて噛み合わせが歪んだりすることがあります。

小児矯正をするメリット・しないデメリット

小児矯正をするメリット・しないデメリット

小児矯正は、現在の子どもの歯並びを整えるだけでなく将来のコンプレックスをなくすための治療でもあります。具体的に治療のメリットや治療しないことによるデメリットを知っておきましょう。

治療のメリット 治療をしないデメリット
  • 歯や顎が正しく成長しやすくなる
  • 歯がきれいに並んで見た目が良くなる
  • 歯並びが整うと顔つきが引き締まる
  • 矯正後に歯が後戻りしにくい
  • 大人になってから治療が必要になる
  • 外科手術が必要になることがある
  • 放置することで歯並びの乱れが悪化する
  • 大人の場合は矯正後に後戻りしやすい

※表は左右にスクロールして確認することができます。

子どもと大人の矯正治療の違い

子どもと大人の矯正治療の違い

子どもの歯や顎などは、小学校を卒業するころまでは成長を続けています。そのため、子どもの矯正治療とは、基本的に小学生のうちに顎の成長を利用して歯並びを整える治療を指します。子どものうちに歯並びを整えることで、抜歯などのリスクを避けられるだけでなく体の正常な成長にもつながります。

それに対して大人の矯正治療は、基本的に見た目を整えるために行います。顎の成長は完了しているため、歯の並び方によっては抜歯したうえで治療を行うことになります。また、治療後も後戻りしやすいため、しばらく固定(保定)しておく必要があることも特徴です。

当院の小児矯正治療

「顎顔面矯正」で歯並びと健康を改善します

「顎顔面矯正」で歯並びと健康を改善します

子どもの矯正治療は歯並びを整えるだけでなく「成長」にも大きく影響するという特徴があります。当院では、顎の大きさを広げることで歯並びを整えると同時に顎の成長もサポートする「顎顔面矯正」を行っています。

顎の発育が不十分だと、歯並びが乱れるだけでなくアレルギーや喘息、口内炎、歯ぎしり、猫背などさまざまな症状を引き起こす可能性があります。これらは、現代の子どもたちの顎が小さくなり、歯は逆に大きくなってきているという特徴から引き起こされていると考えられます。

顎の大きさをコントロールすることで歯が収まるスペースを確保し、歯並びだけでなく全身のさまざまな症状を改善できるのが当院の「顎顔面矯正」です。

歯列不正を自然に改善できます

歯列不正を自然に改善できます

顎の骨の成長が完了している大人の矯正治療は、歯の幅を整えて見た目を改善することを目的としているため、必要に応じて抜歯などを行うのが一般的です。それに対して、顎の骨が成長段階にあるお子様であれば、足場となる顎の骨を広げることで抜歯をすることなく自然に歯並びを整えることができるのです。

歯列不正が起こる大きな原因は、顎の骨に歯が入るスペースが足りないことです。顎顔面矯正を行うことで、歯列不正の改善や予防ができます。また、成人矯正では矯正後に歯が元の位置に戻ろうとする「後戻り」があるのに対して、顎顔面矯正では後戻りのリスクはありません。

顎顔面矯正のメリット
顎顔面矯正のメリット

まだ顎の成長が完了していない時期に行うため、大人の矯正治療のように矯正中の不快感や嚙みにくさなどが起こりにくくなります。

また、10代後半になると見た目でコンプレックスを感じやすくなりますが、顎顔面矯正を行えば10代後半までには矯正を完了できるということも大きなメリットです。

成長中にはじめられる

上下の歯は、15歳前後で嚙み合わせが完成すると言われています。噛み合わせが完成すると歯を動かす難易度が上がり、移動させても元に戻ろうとしてしまいます。

顎の幅を広げる顎顔面矯正なら、広がった後の適切な部分に永久歯が生え始めて固定されるため、自然に歯並びが整います。

鼻腔の容積が広がる

顎の拡大によって、口だけでなく鼻にも大きな変化が出てきます。顎のサイズが小さいと鼻腔の容積も小さく鼻呼吸が十分にできない場合がありますが、顎顔面矯正で鼻腔容積が広がり、鼻呼吸が改善されます。

鼻呼吸の改善で、いびきなどの改善につながるほか、アレルギー体質やアトピー体質、喘息などの改善にもつながると言われます。

のせ歯科は小児矯正に力を入れている歯医者です!のせ歯科は小児矯正に力を入れている歯医者です!

のせ歯科は小児矯正に力を入れている歯医者です!

高砂市荒井町の歯医者「のせ歯科」は、成長段階にある子どもの矯正治療に力を入れています。顎が成長していく力を利用して歯並びを整えるため無理なく矯正できるほか、将来的に歯並びが元に戻ってしまうリスクも抑えることができます。

お子様の歯並びが気になる方はお気軽にご相談ください。

診療時間

timeheet

土曜午後は14:30~17:00までの診療となります

兵庫県高砂市荒井町御旅1丁目1-22
荒井駅から徒歩約10分

アクセス

X Close

to top