dentures歯がなくなった
~入れ歯治療~

  • HOME
  • 歯がなくなった~入れ歯治療~

歯の機能を取り戻せる入れ歯治療dentures

「入れ歯」にはどんなイメージがあるでしょうか? すぐに外れてしまったり、見た目が不自然だったりというマイナスイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。保険適用の入れ歯でも使いやすい物を目指しているほか、自由診療であれば見た目や噛み心地も本物の歯に近い入れ歯をお作りすることもできます。

高砂市荒井町の歯医者「のせ歯科」では、保険適用の入れ歯に加え、自由診療の入れ歯治療にも対応しています。歯を失ってしまった場合でも、食事や会話を楽しめるお口を取り戻すために、入れ歯治療をぜひご検討ください。

入れ歯のお悩みなら、のせ歯科にお任せください!

入れ歯のお悩みなら、のせ歯科にお任せください!

歯を失ってしまった場合、その機能を回復させる方法として一般的なのが入れ歯治療です。入れ歯治療は外科手術の必要もなく保険適用の入れ歯を選べば費用も安く抑えられるメリットがあります。ただし、素材によっては目立ってしまったり、違和感が出てしまったりといった問題が生じることもあります。

高砂市荒井町の歯医者「のせ歯科」では、歯を失ってしまった患者様に合わせた入れ歯治療を行っています。保険診療の素材はもちろん、自由診療の精度の高い素材も選んでいただけます。患者様のご要望に合わせた機能や見た目を実現できますので、お気軽にご相談ください。

合わない入れ歯によるトラブルも

合わない入れ歯によるトラブルも

入れ歯をつくった時には使いやすかったはずなのに、いつの間にか痛みが出たり、すき間に食べ物などが挟まりやすくなってしまったりといった問題が起こることがあります。これは、入れ歯を使い続けているうちに歯ぐきが変化していくためです。

入れ歯が合っていないのに無理に使い続けると、口腔内のキズができる可能性があります。さらに、噛み合わせが乱れて体全体のバランスにまで悪影響を及ぼすこともあるのです。以下のような問題が生じたら注意が必要です。

きちんと噛めない

入れ歯が合っていない状態だと、食べ物をしっかり噛むことができず胃腸にも負担がかかってしまいます。

痛みが出る

入れ歯と歯ぐきとの間にすき間が生じるようになってしまうと、すき間に食べ物などが入り込んだり無理な力がかかったりして痛みが出ることがあります。

体のバランスが崩れる

入れ歯が合わずに噛み合わせが乱れたままだと、体のバランスが崩れ、肩こりをはじめとする全身の症状が出ることがあります。

当院の取り扱い入れ歯メニュー

レジン床義歯
レジン床義歯

歯科用プラスチックでつくられた入れ歯で、保険が適用されるため費用を大幅に抑えられます。その反面で耐久性が低く、食べ物の熱が伝わりにくかったり違和感が出やすかったりするデメリットもあります。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

入れ歯を固定するための金属製のバネ(クラスプ)を使用しない入れ歯です。自然にフィットして見た目も自然に仕上ります。自由診療のため費用が高くなります。

【価格】
110,000円(税込)~
※入れ歯の大きさによって変わります。

マグネットデンチャー
マグネットデンチャー

入れ歯と歯の根に専用の磁石を取り付けて、磁力を利用して固定する入れ歯です。周りの歯に固定する必要がないため負担をかけないほか、他の入れ歯よりも強い力で噛むことができます。一方、修理が難しいほか、自費診療のため高額になります。

【価格】
磁石1装置につき55,000円(税込)
※入れ歯の費用は別途必要です。

金属床(コバルトクロム)
金属床(コバルトクロム)

バルトクロムという歯科用に使用されることの多い金属による入れ歯です。樹脂製の入れ歯よりも薄くつくることができるため、食べ物の温度が伝わりやすく、丈夫です。ただし費用が高額になるほか、体質によっては金属アレルギーの可能性もあります。

【価格】
コバルトクロム床:330,000円(税込)

OPアンカー
OPアンカー

アタッチメントによって顎に固定するタイプの入れ歯です。歯が残っていない場合でもしっかり噛める状態にできるほか、固定に金属のバネが必要ありません。ただし、自由診療になるため比較的高額です。

【価格】
1装置につき44,000円(税込)
※入れ歯の費用は別途必要です。

インプラントオーバーデンチャー
インプラントオーバーデンチャー

片顎につき2~6本のインプラントを埋め込み、そのインプラントを支えにして入れ歯を固定する方法です。総入れ歯にも対応でき、しっかり固定できます。

275,000円(税込)/本
※義歯は別料金です

インプラントで実現する、本物の歯と同様の見た目・噛み心地

インプラントで実現する、本物の歯と同様の見た目・噛み心地

従来は失った歯を補う治療としてはブリッジや入れ歯治療が一般的でした。しかし、これらの治療法は見た目が不自然になったり噛みにくかったりといったデメリットも多々あります。「インプラント治療」は、見た目が本物の歯とほとんど変わらないほど自然に仕上がるうえに、しっかり噛めるようになる治療法です。

インプラント治療は、歯を失ってしまった部分の顎の骨に人工の歯根を埋め込む治療法です。人工歯根には、見た目も機能も本物の歯に近い人工歯を取り付けることで、お口の状態を回復させることができるのです。

入れ歯を長持ちさせるお手入れポイントとは?

洗浄する

入れ歯を長持ちさせるお手入れポイントとは?

食後には必ず入れ歯を外して、しっかり洗浄することが大切です。入れ歯専用ブラシで丁寧に汚れを除去しましょう。

歯と歯ぐきのお手入れ

入れ歯を長持ちさせるお手入れポイントとは?

入れ歯だけでなく、残っている歯や歯ぐきもしっかりケアします。入れ歯を使っていると汚れが溜まりやすいため注意が必要です。

就寝時の消毒

入れ歯を長持ちさせるお手入れポイントとは?

入れ歯には汚れや雑菌が付きやすいため、寝ている間は取り外して洗浄剤で消毒しましょう。

入れ歯治療は「噛み合わせ」が重要

入れ歯治療は「噛み合わせ」が重要

入れ歯治療は、人工物を口腔内に入れて自分の歯として使う方法です。しっかりフィットしていれば違和感も少なく使えますが、合わない入れ歯を使ってしまうと、しっかり噛めないばかりかキズができてしまうこともあります。重要なのは、噛み合わせを調整したうえでぴったり合う入れ歯をつくることです。

入れ歯には失った歯を部分的に補う「部分入れ歯」と、すべての歯を補う「総入れ歯」がありますが、どちらをつくるにしても事前の噛み合わせのチェックが大切になります。さらに、入れ歯を長期間使用していると、ずれが生じてしまうことも。定期的に歯科医院に通いながら、しっかり噛める状態を実現できる入れ歯を使いましょう。

当院では歯科技工室を併設し、補綴治療の精度を上げています当院では歯科技工室を併設し、
補綴治療の精度を上げています

当院では歯科技工室を併設し、補綴治療の精度を上げています

入れ歯や被せ物といった補綴物は、患者様にぴったり合うものでなければなりません。そのため歯科技工士との密な連携が重要になります。のせ歯科では、歯の詰め物や被せ物、入れ歯などをつくるための歯科技工室を完備しています。

当院の歯科医師と外部の歯科技工士が密に連携を取る体制も整えているため、患者様に合った精度の高い補綴物の製作が可能です。患者様のご要望に合わせた細かな調整も行えますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

診療時間

timeheet

土曜午後は14:30~17:00までの診療となります

兵庫県高砂市荒井町御旅1丁目1-22
荒井駅から徒歩約10分

アクセス

X Close

to top