oral顎が痛い・親知らずが痛い
~口腔外科・親知らず~

  • HOME
  • 顎が痛い・親知らずが痛い~口腔外科・親知らず~

顎関節や親知らずに対応する「口腔外科」oral

お口に関するトラブルは、虫歯や歯周病だけではありません。ケガや顎の関節の痛み、親知らずの痛みなど、さまざまです。こちらでは高砂市荒井町の歯医者「のせ歯科」が、顎に痛みが出る「顎関節症」や、周りの歯に悪影響を与えることがある「親知らず」の問題に対処できる診療メニュー「口腔外科」についてご説明します。

口腔外科(こうくうげか)について

口腔外科(こうくうげか)について

一般的な歯科診療では、虫歯や歯周病などの治療を行います。それに対して「口腔外科」は、一般歯科よりも治療できる範囲が広くなり、口内炎の治療や顎関節症、舌の治療、親知らずの抜歯なども診療内容に含まれます。

高砂市荒井町の歯医者「のせ歯科」では、虫歯や歯周病などとは異なる、外傷などを含むお口のお悩みに対処する口腔外科に対応しています。親知らずの抜歯などにも対応できますので、「親知らずが生えてきて痛む」といった場合もご相談ください。

親知らずとは?

親知らずとは?

「親知らず」とは、「第3大臼歯」や「智歯(ちし)」とも呼ばれる奥歯を指します。もともとは普通の歯だったのですが、現代人の顎には親知らずが生えるスペースが足りないことが多く、周りの組織を傷つけたり、周りの歯を圧迫して歯並びが乱れる原因になったりすることがあります。さらに、無事に生えてきても噛み合わせが乱れやすくブラッシングもしにくいため、虫歯になりやすいリスクもある歯なのです。

親知らずは、残念ながら正常に生えてくることがほとんどない歯でもあります。そのため、生えたことがわかったら早めに歯科医院で相談して対処方法を決めましょう。場合によっては抜歯を避けられる可能性もあります。

親知らずを抜いたほうがいいケース

親知らずを抜いたほうがいいケース

親知らずは正常に生えてくることが少なく、生えることで周りの歯に悪影響を及ぼす可能性もあります。以下のような条件で生えてきてしまった場合は、できるだけ早めの抜歯をおすすめします。

ケース1

周りの歯に悪影響がある場合

親知らずが生えることでブラッシングがしづらくなり、周りの歯が虫歯や歯周病になりやすくなる。

ケース2

親知らずが虫歯になっている場合

親知らずは正常に生えることがあまりなく、ブラッシングしづらいため虫歯になりやすい歯です。

ケース3

歯ぐきが腫れて痛む場合

親知らずは歯ぐきに覆われていることが多く、その部分に炎症を起こしてしまうことがあります。

ケース4

歯並びを乱してしまう場合

親知らずが斜めに生えてくることで、周りの歯を押して歯並びを乱してしまうことがあります。

ケース5

口臭が出てきている場合

親知らずの周りはブラッシングしづらく汚れが溜まりやすいため、口臭の原因になりやすいです。

ケース6

親知らずの周りが痛む場合

親知らずは他の歯が生えそろってから生えるため、周りの歯や組織に痛みが出ます。

ケース7

顎やのどが痛む場合

親知らずが虫歯になることで細菌がのどなどに入り込み、炎症を引き起こすことがあります。

ケース8

頭痛の原因になる場合

親知らずの歯根が感染すると、頭痛などの症状を引き起こすことがあります。

親知らずを残すケース~歯牙移植とは~

親知らずを残すケース~歯牙移植とは~

親知らずは抜歯したほうがいいパターンが多いのですが、抜歯の必要がない場合もあります。しかし、親知らずは噛み合う歯がないなど通常の歯のような働きができません。だからと言って抜歯するのは早計で、実はいざというときに「歯牙移植」で利用できる可能性があります。

歯牙移植とは、事故などによって重要な歯を失ってしまった場合に、重要度の低い歯を抜いて代わりに移植する手術を指します。歯牙移植は、自分の歯を移植するため拒絶反応が起こりにくく、成功率が高いメリットがあります。親知らずは基本的に歯として使用できないことが多いため、歯牙移植用の歯として最適なのです。

顎関節症の治療について

顎関節症とは?

顎関節症とは?

大きく口を開けようとすると顎の関節が痛んだり、口を開けると顎の関節から音がしたりといった症状が続いているなら、それは「顎関節症(がくかんせつしょう)」かもしれません。顎関節症は若い女性に多い症状として知られ、悪化すると顎周囲の症状だけでなく頭痛や肩こりを誘発するおそれもあると言われています。

顎関節症が悪化すると、口がほとんど開けられなくなるなど大きな問題につながる場合があるため、気になる症状があれば早めに歯科医院に相談しましょう。

顎関節症の自分でできる管理方法

顎関節症の自分でできる管理方法

顎関節に痛みがある場合は、まず無理をせずに安静にすることや顎を大きく開けたりするような動きは避けることが大切です。すぐに歯科医院に行けない場合などは、下記のような対策を取りましょう。

  • できるだけ柔らかいものを食べる(おかゆ、うどん、パスタなど)
  • あくびなどでも大きな口を開けないように気をつける
  • 同じ姿勢で長時間過ごさず、ストレッチなどを心がける
  • ほおづえなどをつかないように気を付ける
  • うつぶせでは寝ずに、必ずあおむけで寝る

当院は、「できるだけ痛みのない治療」を心がけています。当院は、「できるだけ痛みのない治療」
を心がけています。

当院は、「できるだけ痛みのない治療」を心がけています。

のせ歯科が目指しているのは、小さなお子様からご年配の方まで、どなたでも気軽に足を運べる歯医者さんです。

そのためにも、痛みが気になって歯医者に通えない方を減らすことが大切であると考え、「できるだけ痛みのない治療」を心がけています。例えば、治療を行う前の麻酔も事前に表面麻酔を行うことで注射の痛みを感じにくくしたり、注射針の細さにもこだわって痛みの出にくいものを選んだりといった対策を取っています。

歯科治療は、そのまま患者様の生活に直結する治療です。だからこそ、当院ではその場しのぎではなく、治療後の状態が長持ちするような、確実な治療を心がけています。虫歯も歯周病も自覚がなく進行する病気ですので、特に症状がなくても気軽に通って検診を受けられるよう、信頼していただける歯科医院を目指します。

診療時間

timeheet

土曜午後は14:30~17:00までの診療となります

兵庫県高砂市荒井町御旅1丁目1-22
荒井駅から徒歩約10分

アクセス

X Close

to top