歯ぐきから血が出る~歯周病治療~|高砂市の「のせ歯科」

079-490-8241

歯ぐきから血が出る
~歯周病治療~

保育士在籍キッズスペースバリアフリー駐車場6台

WEB診療予約

歯ぐきの出血や腫れは、歯周病のサインです

歯周病は「日本人が歯を失う原因」の第1位であり、さらに日本の成人の約80%がかかっている、もしくは予備軍であるとされている病気です。私たちにとっては極めて身近なお口のトラブルですが、歯周病について正しく理解されている方はあまり多くないのではないでしょうか? こちらのページでは、高砂市の歯医者「のせ歯科」が歯周病の治療法やリスクなどについてご説明します。

あなたは大丈夫? 簡単にできる歯周病セルフチェック

歯周病は「静かなる病気」と呼ばれるほど、自覚症状に乏しいのが特徴です。そのため、気がつかないうちにかなり進行・悪化してしまうことも少なくありません。以下のような症状がご自身にないかをチェックし、ひとつでもあてはまる場合には一度診察をお受けになることをおすすめします。

  • 起床時に口の中がネバネバしている
  • 最近、口臭がきつくなってきた
  • ブラッシングをすると歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきに赤い腫れがある
  • 歯ぐきが痛い、もしくはムズムズする
  • 歯ぐきが下がり、歯が長くなってきた気がする
  • 硬いものを咬めない(咬みづらい)
  • 歯と歯の間に食べものが挟まりやすくなった

歯周病の進行段階と治療法

歯肉炎・軽度歯周炎

歯肉炎・軽度歯周炎

歯と歯ぐきのすき間である歯周ポケットが少し深くなっている状態です。歯ぐきに軽い炎症や腫れ、出血が起こっている場合もあります。ただし、痛みなどの自覚症状はほとんどありません。

処置・治療法
ブラッシング指導

ブラッシング指導

患者様それぞれのお口に合わせた効果的なブラッシングの方法をアドバイスし、ご自宅でのケアにお役立ていただきます。また、歯ブラシや歯磨き粉の選び方などについてもお伝えしています。

スケーリング

スケーリング

スケーラーという専門の器具を使い、普段のブラッシングで除去しきれないようなプラークや歯石を取り除きます。

中等度歯周炎

中等度歯周炎

歯を支えている顎の骨まで炎症が進行し、顎の骨が溶かされて歯にグラつきが見られるようになっています。歯ぐきには腫れや出血があり、口臭がきつくなります。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

スケーリングでは取り除けないしつこいプラークや歯石を「キュレット」と呼ばれる器具で徹底的に除去します。処置が終わったら歯の表面を滑らかに仕上げ、汚れの再付着を防止します。

フラップ手術

フラップ手術

麻酔後に歯ぐきを切開し、歯周ポケットの奥深くにこびりついたプラークや歯石を取り除く外科処置です。同時に歯周病菌に感染してしまった組織も除去し、開いた箇所を縫合したら治療完了です。

重度歯周炎

重度歯周炎

顎の骨が半分以上溶けてしまった状態です。歯は大きくグラつき、歯ぐきには膿が見られるようになり、より出血や口臭がひどくなっていきます。この状態を放置すると、自然に歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周組織再生療法(GTR法)

歯周組織再生療法(GTR法)

歯周病菌に溶かされた顎の骨や歯ぐきといった歯周組織の再生を図る治療です。麻酔後に歯ぐきを切開し、歯周病菌に冒された組織を徹底的に除去したら、患部をメンブレンという特殊な膜で覆い、歯周組織の再生を促します。歯槽骨の再生を促すために人工的な骨の材料を使用することもあります。(保険適用)

エムドゲイン -保険適用外-

エムドゲイン

歯周病菌によって溶かされた歯周組織の再生を促す材料です。歯周病の感染している部位を除去し、その部位に「エムドゲインゲル」という歯周組織再生誘導剤を塗布します。歯周組織の再生するスペースを確保したうえで、歯肉を縫合します。

価格
30000円~(税別)

歯周病は全身にも悪影響を及ぼします

「歯周病はお口の中の病気」という認識の方は多いでしょう。しかし、歯周病のトラブルはお口だけでなく、全身にさまざまな悪影響を及ぼすケースもあります。これは、歯周病菌がお口の中から血管へと流れ込み、血液と一緒に体内をめぐることが原因です。以下では、歯周病菌が全身に及ぼす悪影響の例をご紹介します。

糖尿病 歯周病は糖尿病と互いに影響し合っているといわれており、合併症のひとつとも捉えられています。最近の報告では、歯周病の治療が糖尿病の改善にもつながることが分かっています。
循環器系疾患 歯周病をお持ちの方は、動脈硬化や脳梗塞、心疾患(心筋梗塞・狭心症)などのリスクが高いといわれています。これは、歯周病菌によってつくり出された毒素が血管に入り込み、血栓ができやすくなってしまうからです。
肺炎 だ液や飲食物と一緒に歯周病菌が肺に入ってしまうと、肺炎の原因となってしまいます。特に嚥下機能の低下したご年配の方や寝たきりの方、食べものを飲み込むのが苦手という方は誤嚥性肺炎のリスクが高くなります。
早産・
低体重児出産
歯周病菌がつくり出す炎症物質には子宮の収縮を促す働きがあるため、歯周病にかかっている妊婦の方は早産や低体重児出産の可能性が高まることが報告されています。
Pick up! 歯周病予防には定期検診がおすすめです

自覚症状に乏しく、気づいたときにはかなり進行してしまっていることも多い歯周病。これを予防するのにもっとも効果的なのは、定期検診です。定期検診では口腔衛生のプロである歯科

Pick up! 歯周病予防には定期検診がおすすめです

衛生士がしっかりとお口の状態をチェックするので、ちょっとした異変も逃さず適切な処置を受けることができます。もちろん、毎日のブラッシングや食習慣・生活習慣の改善なども重要です。歯科医院とご自宅で積極的に歯周病の予防に努め、健康な口腔内環境を維持していきましょう。

歯周病は治療後のメンテナンスが大切です当院の予防歯科はこちらから

安心・安全な環境で患者様のお口の健康を守ります 高砂市の歯医者「のせ歯科」 診療予約はこちらから TEL:079-490-8241