顎が痛い・親知らずが痛い~口腔外科~|高砂市の「のせ歯科」

079-490-8241

顎が痛い・親知らずが痛い
~口腔外科・親知らず~

保育士在籍キッズスペースバリアフリー駐車場6台

WEB診療予約

親知らずや顎の痛みでお悩みの方はのせ歯科へお越しください

親知らずによる痛みや腫れ、顎関節の違和感などのお悩みがある場合は、兵庫県高砂市の歯医者「のせ歯科」までお越しください。親知らずや顎関節の症状を放置したり我慢したりしてしまうと、より深刻なトラブルを招いてしまう可能性があります。お口の周囲で気になるところがあれば、どんな些細なことでもまずはご相談ください。

親知らずとは?

親知らずとは?

親知らずは上下の歯列の一番奥に生えてくる歯で、「智歯(ちし)」とも呼ばれます。18歳から20歳ごろに生えてくるのが一般的ですが、時期には個人差があり、最後まで生えてこないという方も珍しくありません。また現代においては完全に生えてくるケースのほうが少なく、多くの場合は骨や歯ぐきの中に埋まったまま(埋伏歯)であったり、横や斜めを向いて生えてきます。生えかけの親知らずはブラッシングがしにくく、虫歯や歯周病の原因にもなりやすいため、お口全体の健康を考えて抜歯をお勧めするケースが多いです。

親知らずが原因となるトラブル

親知らずが正しく生えてくるのであれば問題ありませんが、歯が並ぶスペースが足りない場合は周りの歯や歯ぐきにトラブルを引き起こす原因となります。以下は、親知らずによる悪影響の一例です。

隣の歯へ与える影響 横を向いた親知らずが隣の歯に接触し、穴を開けてしまうケースがあります。また親知らずと隣の歯の間にできたスペースには汚れが溜まりやすくなるので、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
歯並びへの影響 親知らずは最後に生えてくるため、生えるスペースが足りていないことがあります。無理やり生えてくると隣の歯を押してしまい、歯並びの乱れを招く場合があります。
痛みや腫れ 親知らずが斜めや横に向かって生えると、口腔内の粘膜を傷つけたり周囲の歯ぐきに智歯周囲炎(炎症)を招いたりして、痛みや腫れが生じることがあります。
親知らずの抜歯は歯医者の判断を仰ぎましょう

親知らずの抜歯は歯医者の判断を仰ぎましょう

親知らずがその他の歯や顎へ悪影響を与えるのであれば抜歯をすることになりますが、正しい方向に生えていてしっかりとケアを行えるようであれば、抜く必要はありません。当院へお越しいただければ、お口の状態に合わせて適切な処置をご提案いたします。親知らずが生えてきたら、まずは一度ご来院ください。

親知らずを残すケース~歯牙移植とは~

抜歯の必要がない親知らずは、できるだけ残しておくほうがよいといえます。これは将来、歯牙移植のために利用できる場合があるからです。

何らかの原因で歯を失ってしまったとき、咬み合わせに影響しない歯を抜いて必要な場所に移植することを「歯牙移植」といいます。拒絶反応が起こりにくいので、人工物よりもご自身の歯のほうが移植の成功率は高くなります。そのため、この際に親知らずが用いられるケースが多いのです。症例によっては歯牙移植に保険が適用される場合もあるので、くわしくは当院へ直接ご相談ください。

顎関節症の治療について

口を大きく開けたり閉じたりしたときに痛みや違和感があり、それが1週間以上続くのであれば、顎関節症の可能性があります。咬み合わせの乱れ、姿勢の悪さ、歯ぎしりや食いしばりなど顎関節症にはさまざまな原因が考えられますが、当院では生活習慣の改善、食事の改善、マウスピースによる治療、詰めもの・被せもの・入れ歯などの修復・調整による咬み合わせ治療などを通して顎関節への負担軽減を図っていきます。

顎関節症の治療について

顎関節症の程度によっては、日常生活が不自由になることも考えられます。また、口を開けられないことが口腔ケアの妨げになるケースも少なくありません。快適な生活を送るために、気になる症状がある方は当院へご相談ください。

安心・安全な環境で患者様のお口の健康を守ります 高砂市の歯医者「のせ歯科」 診療予約はこちらから TEL:079-490-8241